ビックサイトの展示会で今後の株価を考える



昨日から3日間、東京ビックサイトにて開催します、

JPCA Show 2018(JISSO PROTEC 2018)に行ってきました。

開催目的を

「あらゆる電子・情報通信・制御機器に使用される電子回路・実装技術や将来に渡り広く使用・普及されるラージエレクトロニクス(プリンテッドエレクトロニクス、ストレッチャブルエレクトロニクス等)の設計から製造、信頼性確保、流通に至る製品展示により技術情報の提供・提案をはかり、併せて電子回路業界及び関連業界全体の発展に寄与する。」

とありまして、要約すると電子基板に係る設備や材料を取り扱っている

企業さんたちの展示会です。

 

メインを飾るのは実装機メーカー(基板に部品を搭載する装置)たちで、

一番目立つところにデカデカとブースを設けていました。

 

中でも賑わっていたのは(7272)ヤマハ発動機    のブース

 

シェア的には国内メーカー3番手ですが、

上位2社よりも盛況でした。(販売員が多いという噂もありますが 笑)

 

かなり攻勢を掛けているのではないでしょうか

 

予想PER 10.4倍
実績PBR 1.77倍

と割高な感じはしないです。

 

実装機が主力ではないので、なかなか読めないですが

株購入の候補に入れていもいいかなと思いました。

 

 

ちなみにシェア1位は(6134)FUJI (旧富士機械製造)で

予想PER 12.66倍
実績PBR 1.31倍

こちらも割高感は無し。

 

絶好調な世界の半導体にけん引される形で業績も急拡大中です。

ただし、実装機の生産が追いついておらず納期が延びている様子、

こちらが改善されればかなり期待が持てます。

 

(7272)ヤマハ発動機より、(6134)FUJI の方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です